QUATTRO PALOS

クアトロ・パロス

ABOUT US

クアトロ・パロス

写真左より、 斉藤泰士・多治川純一・萩野谷英成・前田 司。 「第21回日本ギター重奏コンクール」にて優勝、及びHARUMI賞を受賞。 「第25回日本ギター合奏フェスティバル」で行われた 「ギター合奏作曲コンクール本選会」にて選出されたすべての作品の実演を行い好評を博す。 首都圏を中心に、全国主要都市でも演奏活動を積極的に行っている。 日本ギター合奏フェスティバルにおいて、 冨山詩曜作曲「MOON」、D.コスリー作曲「Waltz triptych」、藤井眞吾作曲「四つのリトルネッロ」をアンサンブルOZとして初演。 また松岡 滋、冨山詩曜、笹久保伸、永島志基、小関佳宏各氏から献呈され、 メンバー独自の作・編曲にも力を入れるなど、 ギター重奏の新しいレパートリーを追求しつつ、更なる高みを目指す。 2015年5月1stCD『 ! Leva ! 』、2016年8月2ndCD『Amanecer』発表。 また、クラシックギター専門誌「現代ギター」誌の表紙を飾る。

ホームページ
http://quattro-palos.com/


“Quattro Palos” is a guitar quartet to represent Japan and the member is Saito Taishi, Tajikawa Jun-ichi, Haginoya Hidenari and Maeda Tsukasa. They're doing performance activity aggressively at a metropolis in Japan centering on Tokyo environs. They won the victory in “The 21th Japan Guitar Ensemble Competition” and won more “HARUMI prizes” at the same time. Original composition & arrangement in the member is also performed, a new repertoire of guitar ensemble is pursued and a possibility of the guitar ensemble is expanded. In May 2015, they released a 1stCD "¡Leva!". In August, 2016, world's first recording, more than one, 2ndCD which collected composer's works of the included present-day Japan “Amanecer” was released. This is really received a good reputation, it was also on the cover of Guitar magazine “Gendai Guitar” magazine of the long-established.